ホワイトボードに自由なデザインが印刷できる

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスに欠かせないホワイトボードはホーローやスチールの板で出来ており、ペンでさまざまな内容を記入しては消してまた再利用できる便利なものです。スタンダードな製品そのままでも十分な機能を果たしますが、社員の1日の予定を記入する行動予定表や業務の行程を記入する週間予定表などの用途で使用する場合は分かりやすく分類する記入欄が必要です。そんな時は自ら手書きで欄を描く事も可能ですが、他の目的で汎用するのではなく用途が決まっているのならあらかじめ記入欄が印刷してあるデザインのホワイトボードを利用する方法もあります。
それらの製品には各メーカーが販売している既製品の他にも自由に印刷するデザインをカスタマイズできるサービスも存在しており、それぞれの業務に合わせた使いやすさを追求しています。

テンプレートで簡単に入稿できる

ホワイトボードに印刷するオリジナルのデザインを作成するとなるとハードルが高いものと考えてしまいがちですが、自身で全てを作成する方法の他にも業者が提供してるテンプレートを利用すれば簡単に入稿用のデータを作成することが可能です。多くのケースでは広く普及しているグラフィックソフト用のファイルフォーマットで公開されており無料でダウンロードできます。
テンプレートを対応したアプリケーションで開けば縦軸と横軸で構成された表の項目は無地になっており、それぞれの業務に合わせてフリーワードを入力するだけで原稿が完成し、そのファイルを専用のフォームからアップロードすれば入稿が完了します。原稿が受理されると受注生産が開始され、あとは納期までに届けられるのを待つだけです。

自身で作成できない場合は全てを任せる方法も

ノウハウが無く自身で原稿を作成するのが難しい場合は既にさまざまな業種で導入実績のあるスタンダードな既製品を選ぶ他にも、原稿の作成そのものを依頼できるサービスもあります。業務内容や利用目的を伝えて相談すれば、どのような表が便利で適切なのか過去の導入事例も交えアドバイスを仰ぎながら完成させる事も可能で、業者から勧められた形式を導入した後に業務の生産性や効率が高まり業績の向上に大きく寄与したケースも少なくありません。
これまでは既製品を導入しそれに合わせて運用するケースが一般的でしたが自由にカスタマイズできる受注生産が可能となった現在、自身で作成するにしても業者に任せるにしても妥協する必要は一切無く、使いやすさをとことん追及できる環境が整っています。

ピックアップ記事

オリジナルのホワイトボードを印刷する時の注意点

ホワイトボードは無地だと自由にスペースを使うことが出来ます。板面も書き跡が残りにくく耐久性の高いホーロー板面は長く使えますが、大量に導入するのなら値段重視でスチール板面です。足元も移動させやすく安定感...

オフィスで活躍する印刷されたホワイトボード

ホワイトボードは黒板などに比べてきれいな文字がかけて見やすく、綺麗に消すこともしやすいので多くの場面で使用されています。特に情報量の多いオフィスでは多くのことを整理しながらしっかり書けて伝えることがで...

ホワイトボードに自由なデザインが印刷できる

オフィスに欠かせないホワイトボードはホーローやスチールの板で出来ており、ペンでさまざまな内容を記入しては消してまた再利用できる便利なものです。スタンダードな製品そのままでも十分な機能を果たしますが、社...


必要なこと