安くクラスTシャツを作成する方法

高校の文化祭や大学の学際などで一体感を出すために欠かせないのがクラスTシャツです。同じ色同じ柄の物を身に付けるだけで団結感がでて、よりイベントなどが楽しく参加できることから、多くの学校や部活サークルなどで使われています。クラスTシャツを作るにあたって主に二通りあります。一つは手作りで作成する方法です。無地の生地のTシャツを購入し、自分で転写シートを使って印刷します。安く作ることができ予算に限りのある場合は自分たちで作ることをおすすめします。二つ目は、業者に頼む方法です。多くのイラストや自分の好きな文字を印刷してクラスTシャツを作成できます。スタンプを組み合わせて自分だけのデザインを、インターネットを使って作り、頼むこともできます。Tシャツも一緒に買えるので一枚いくらとわかりやすいのも利点です。

業者に頼むメリットとデメリットは

業者に頼むメリットとして、インターネットを使ってクラスTシャツが注文できますが、今ではスマートフォンから簡単にデザインを作成したり、写真をそのままプリントしたりする機能などがあります。また、手書きのイラストを描き、色やフォントやサイズを指定するとプロのデザイナーが思った通りのイラストを作成してくれる機能まであります。インクが蛍光インクや発泡のタイプで立体に見えるなど市販のようなクラスTシャツも作ることができます。学割がききお得に購入できるものもあるので自分たちの要望にあうデザインや価格のものを探すといいでしょう。デメリットは価格がどうしても高くなってしまうことです。学生のため少しでも安く抑えたいというひとにとってはオリジナルのクラスTシャツにかけられる金額が決まっています。

少しでも費用を抑えるために自作の注意点

少しでもクラスTシャツの値段を抑えたいけれど、単色の印刷は少し味気なく感じます。せっかく作るのなら時間と手間をかけて手作りしましょう。転写シートを使うと、プリンターにインクで印刷をしてTシャツに自分でアイロンを使って貼り付けるという方法があります。デザインはイラストなどどのパソコンにも入っているものや、スマホのアプリなどを使ってデザインすることができます。自作のクラスTシャツを作るうえで注意したい点は、失敗するかもしれないということです。ある程度手先に自信があり作ったことがある人はいいですが、初めての場合失敗して余計Tシャツを買う羽目になりかねません。また何十枚も必要な場合、自分で貼り付けていると少しずつずれが生じ、全く同じものを作るのは難しいかもしれません。