団結力を高めるクラスTシャツの機能

クラスTシャツを作る時とはどんな時でしょう。学園祭、或いは体育祭などでしょうか。そしてそのイベントで一度着たきり、という事も多いかと思います。それではあまりにも勿体ない、という方にお勧めしたいクラスTシャツの活用法は、他の学校行事でも利用する、という事です。クラス内で行う大掃除や委員会活動、クラスを離れたクラブ活動、学校外で参加を推奨される地域のイベント等々、制服が汚れるのは困るが学生という集団であるとアピールしたい、という場合に、動きやすいTシャツを再利用するというのはどうでしょうか。また再利用を行うなら最初からイベント名をプリントしない事が最も手軽ですが、イベント名のところにワッペンを貼り付ける等のアレンジを行えば、新たにクラスTシャツを注文する事無くイベントに合わせた装いへと変化させる事も出来ます。

クラスTシャツのアレンジの種類

そのまま普段着にするにはインパクトが強いクラスTシャツでも、アレンジ或いはリメイクを行う事でおしゃれな普段着として活用できます。先の段で挙げた「ワッペンを貼り付ける」というのもその1つです。鋏と手だけで出来る範囲だけでも、裾を紐状に切ってリボンを作ったり、袖をカットしてノースリーブに変えたり、切り絵のように切り抜いたりと色々リメイク方法があります。切るのはちょっと、という方には、水玉模様のようにボタンを縫い付けたり、袖や裾にリボンを付けるアレンジがお勧めです。ちょっと凝ったアレンジがしたい場合は、上の二つを組み合わせればほとんど別の服に変える事も可能です。逆に、そんなに大きな変え方はしたくない、という方は、裾を絞って結ぶだけとか、襟ぐりを三角にカットするだけでも随分と印象が変わるのでお試しください。

クラスTシャツのお家活用の方法

アレンジした服を着こなせる自信がない、既に持っている服との合わせ方が分からない等理由は様々ですが、普段着にしたりアレンジしたりする事には抵抗のある方も居るかと思います。そもそもイベントの為の物だし、捨ててしまってもと思うかもしれません。けれど、クラスTシャツはあくまで「服」。特に最近の物は素材も良く、プリント技術も向上して洗っても落ちにくくなっているのです。捨てるのはあまりにも勿体ないのであれば、家から出ない日限定の部屋着、あるいは寝間着として使ってみてはどうでしょう。また暑い季節であれば、お風呂上がりの汗取り着としても活躍できます。また、着ないけれどタンスに仕舞いっぱなしという方はクラスTシャツそのものをインテリアとして飾ってみるのもいいかもしれません。イベントの写真などと一緒に飾るのもおすすめです。