シーン別に見るクラスTシャツ活用の有効性

他国の人達から日本人は個性が薄いとよく言われています。そんな中、次第に個人をアピールする傾向が見られてきました。服装・髪型がその代表です。しかし、その自己表現が全てにおいてプラスに転じるとは限りません。特に学校生活においては集団活動となるので、1人が自己中心的な言動する事によって他者に迷惑をかけ、まとまりが無くなってしまいます。では、どうすればいいのでしょうか。方法のひとつとしてクラスTシャツがあります。同じ服装をすることによって、賛成と同調の意思表示をする事ができます。つまり、仲間意識が強くなり絆がより一層強固なものとなるのです。学校生活での行事は、長い人生の中でもたったわずかな時間です。そのわずかな時間を有意義に楽しく、そしてかけがえのない仲間作りの一つとしてクラスTシャツは有効です。

クラスTシャツの作成時の注意事項

学校生活での文化祭や体育際は1年の中でも学校全体が盛大に盛り上がり、思い出深いものとなります。だからこそクラスで自分達らしい唯一無二のクラスTシャツを作成し、一致団結するものでしょう。ただ、作成担当となった方は大忙しです。デザインや料金、業者への依頼等を決めなければなりません。一番の問題はデザインです。クラスメイトからデザイン案の候補を挙げてもらい、1・2案に絞ってそこからアンケートをとる一つだし、チャットグループなどを使用して意見を聴取するのも良いと思います。クラスでデザインが決まり、いざ完成したTシャツを見て、イメージと異なる仕上がりにならない為に、Tシャツの生地やサイズを確認し、完成後のイメージサンプルを必ず依頼することをお勧めします。最高に楽しい時間を過ごせるかは、作成担当者のきめ細かな確認が鍵を握っているのです。

今時のクラスTシャツのデザインの動向について

クラスTシャツ作りには、仲間作りや友達との絆を深めたりと、様々な目的・効果があると思います。今時のクラスTシャツ作りにはそれ以外の目的があります。それは、SNSに投稿することです。つまり、インスタ映えのあるクラスTシャツを作成するということです。例えば、背中の部分に背番号を入れ、更に、キャッチコピーのような短い文章を入れたり、人の感情に訴えかけるような言葉を記載したりしています。また、何人かのグループになり、一人ひとりの背中に短い言葉を記載し、横一列になると文章となる様に作成する方もいます。恋人同士で言葉を同じにしたり相手に対しての言葉を記載したりする方もいます。全体的なデザインはクラスで統一し、ちょっとした所で自分らしさの個性を出して、SNSに投稿する事が最近の動向と言えます。